北海道で食べたジンギスカンの味を思い出し、横浜の居酒屋で改めて食べてみる。現地で食べた味と同様に感動。

居酒屋へGO!楽しい居酒屋の話
居酒屋へGO!楽しい居酒屋の話

横浜の居酒屋でジンギスカン

ジンギスカンという看板に魅かれ、とある居酒屋にふらりと入ってみました。人生でジンギスカンを食べるのはこれで人生2度目。一度は北海道旅行をしたときに札幌ビール園で食べた時。「羊肉はにおいに癖がある」と聞いていたのでどんなもんだろうとおっかなびっくりだったのですが、実際に食べてみるとにおいなんてまったく気にならなかったことを思いだします。確かに癖はある。しかし、それは例えば納豆のにおいのようなもので、そのくせ自体が羊肉を美味しくしている要因だとすら思えるほど。そんな懐かしい思い出があったので、横浜でジンギスカンという文字を見たときは、「これは食べないといけないだろう」と思ったわけです。

いたって普通の居酒屋でしたが、出てきたジンギスカンは本格的なものでした。中央部分が盛り上がっている鉄鍋にたっぷりの野菜。そしてそれを覆うように敷き詰められた羊肉。たまたまその時に一緒だった友人が北海道出身だったのであれこれと羊肉のうんちくを語っていましたが、そんなことを聞くまでもなく十分に美味しさが食べる前から伝わるビジュアル。これがまずいわけがない!さて実際にその味はといえば、羊肉も柔らかく本当に美味しいものでした。友人曰く、「ちゃんとラム肉を使っている」とのこと。同じ羊肉でも子供の肉がラム、大人の肉がマトンと言うらしい。どこかで聞いた覚えがありますが、食用に適しているのはラムなのだとか。とにもかくにも、よい夜となりました。

おすすめ情報

Copyright (C)2017居酒屋へGO!楽しい居酒屋の話.All rights reserved.